全件表示TopRSSAdmin
information
    改装中。。。リンクなどなど未実装。デザインも変更させてもらう予定。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | リンク用URL | page top↑
日記
2006 / 05 / 30 ( Tue )
近況。
Wehrmachtの1st.と2nd.購入
Sore Throatの再発ものとbootもの購入
(近日レビュー)

mixiに復帰

カラメルソースで火傷

森泉大好き!!!
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記 - カテゴリー:日記

00 : 55 : 52 | トラックバック(0) | コメント(7) | リンク用URL | page top↑
PHOBIA : Cruel
2006 / 05 / 28 ( Sun )
GRINDCORE 最高。



カリフォルニア、GRINDCOREの重鎮2006年の新作。
15年も活動してんのに、アルバム購入はコレが初めて。コンピなんかでは何曲か聴いてたんだけどね、どうも暗いイメージがあるからアルバムは買ってなかった…。

じゃあなんでこの"Cruel"は買ったか…
それはScott Hullがプロデュースしてるから。長年のPHOBIAファンは怒るかもしんないけど許せ。

Scott Hullといえば、Pig DestroyerにAgoraphobic Nosebleed。とAnal Cunt。良いリフメーカーであり、総合激音クリエーター。
そんなScott Hullプロデュースとくりゃ買うでしょ。

で、肝心の内容の方はというと、21曲26分。爆走激走ブラストの応酬!メタル度低!PUNK寄り生粋のGRINDCORE!
硬いゴツゴツした音の塊。荒いけどはっきり聴こえるリフ。手数の多い大回転ドラム。迫力ありまくりなボーカルなどなど…
たまらんねコリャ…

しかしこのドラムはかなりの職人だな~
ちょっとだけあるスローなパートでも前に前にって感じで、嫌でもテンション上がるわ~

ほかのアルバムも買ってみようかしら。

PHOBIA official
PHOBIA official (仮)
PHOBIA myspace

_____________________________________________________________

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽 - カテゴリー:CDレビュー

22 : 34 : 27 | トラックバック(0) | コメント(0) | リンク用URL | page top↑
ジェイコブスラダーな毎日
2006 / 05 / 26 ( Fri )
何年か前の映画で、「ジェイコブス・ラダー」って映画がある。
ベトナム戦争の帰還兵が、色々体験してしまうサイコサスペンス物。

戦場で飲まされ続けたよくわからないクスリの影響で、アメリカに帰ってからも何が何やらわからなくなって、実は…
って映画。だったと思う…

正直16年前?の映画だからよく覚えてない。
けどすっごい印象に残ってる。ティム・ロビンスもカッコよかった。


で、今の自分がなんとなくそんな生活…
仕事終わり間近になると、とにかく酒を飲まされる。お疲れ様と称して…

帰りの電車は足の疲労と痛み、顔は紅潮ボケボケ状態。
家に着けばベッドにバタンキュ~。(たまにブログ書くけど)
気がつけば朝。


う~~~引越しして~~~

_____________________________________________________________

テーマ:なんとなく映画 - ジャンル:映画 - カテゴリー:日記

01 : 06 : 26 | トラックバック(0) | コメント(1) | リンク用URL | page top↑
PUNGENT STENCH : Dirty Rhymes And Psychotronic Beats
2006 / 05 / 22 ( Mon )
週一で一本ぐらいレビューしないとな。
旧譜でも…

オーストリアのド変態デスメタルバンド、PUNGENT STENCHの2nd.の後に出したミニアルバム。
1993年作品。



酷くグロく、そしてスバラシイジャケット!

90年代頭、BURRN!!誌でPUNGENT STENCHの1st.2nd.のジャケを見ては「なんて不謹慎な…」なんて思ってたんだけどな~…

曲の方は前の記事でもちょっと書いたけど、デスロック!
デスメタルの重さと血生臭さにロックンロールの跳ねるタテノリが融合された(個人的)超名作。
カバー含む全7曲。テクノミックスなんかもあってオリジナルな曲は少ないものの、ちょーカッコいい!

ゴリゴリのギターリフにスコスコしたちょい浮遊感がある軽めのドラム。リズムとギターソロは完全にロックしてる。
でも、ボーカルはデス声。
このノリでフルアルバムが聴きたかった。

このミニの後の3rd.もロックンロールな感じは減ったけど、デスロックしてる名盤。


でも、2001年の復活第一弾はなんか普通のデスラッシュで…


PUNGENT STENCH official
PUNGENT STENCH unoffical fansite

_____________________________________________________________

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽 - カテゴリー:CDレビュー

00 : 27 : 58 | トラックバック(0) | コメント(0) | リンク用URL | page top↑
NO USE 秋に来日か?
2006 / 05 / 17 ( Wed )
「おれな~、この歳になって鼻血出すなんて思ってもなかったよ!」

なんて武○鉄也は絶対言わないけど、俺は言う。
仕事終わりに談笑してたら鼻血がいきなり吹き出た…
俺もまだ若い。のか?

RAD LIFE + ROUD MUSICさまより、NO USE FOR A NAMEのトラックバックを旧ブログの方にいただいたので記事にしてみる。

なんでも、秋ごろ来日の予定があるとかないとか。
来たらエエがな。稼いで新譜出したらエエがな。

でも、できたら月曜か土曜に来てね。
たぶん休日のシフトが…


05.13.06 // Europe tour ends, talks of Canada and Japan begin....
The Euro tour was amazing. SDSU show was great. There is probably going to be some late June shows in Canada. All we know right now is a festival in Quebec but we want to add a couple more shows in that region. Also, a Japan tour is in thw works...



あとそれと、昔の曲も演奏してね。


NO USE FOR A NAME official

ライブレビュー NO USE in SAITAMA


(向こう(旧ブログ)の記事、こっちに移植した方がいいかな…)

_____________________________________________________________

テーマ:日記 - ジャンル:音楽 - カテゴリー:音楽

00 : 54 : 51 | トラックバック(0) | コメント(2) | リンク用URL | page top↑
C.S.S.O. : collection
2006 / 05 / 14 ( Sun )
か、体がモツくせ~。
いや、スジくせ~。
しかし手だけきびなごくせ~~~。

ここはひとつ、日本のグラインドコアを。



C.S.S.O.の編集盤"collection"
7インチやらコンピ収録曲などなど、93年から00年の45曲を収録したブツ。
C.S.S.O.の音源買うのはコレが初。ちなみにC.S.S.O.は「Clotted Symmetric Sexual Organ(凝固した左右対称の性器)」の略。

編集盤だけあって、曲調はまばらだけど基本はゴアグラインド(なのか?)。ズルズルリフにブラストビート+ブリブリベース。ボーカルはデス声、下水声、ゴラム声…と色々。

で、曲が進むにつれて曲調が実験音楽風になっていくんだけど、どうなんでしょう?
グラインドコアにロックやサイケを吸収…って書いてあるけど、モリモリ吸収しすぎてグラインドはいずこ?で、曲がまばらすぎな感じ。

あ、編集盤だからしょうがないか。
ちゃんとオリジナルアルバム買ってみようかしら。

アコギ(スパニッシュ風)のCARCASS"Genital Grinder"のカバーは面白かった。

最後に、個人的グラインドロックの祖はPUNGENT STENCHの身にアルバム"dirty rhymes and psychotronic beats"だったりする…
グラインドじゃなくてデスメタルだけど。メチャロック!


Obliteration Records

_____________________________________________________________

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽 - カテゴリー:CDレビュー

01 : 51 : 13 | トラックバック(0) | コメント(0) | リンク用URL | page top↑
VENOMOUS CONCEPT / 324 split ep
2006 / 05 / 12 ( Fri )
disk unionで配布されているフリーペーパー「follow-up」Vol.37に、うちのブログが紹介されている。
…んだけど、実物をまだ見てない。昨日、地元のunionに行ったらくれなかった。もうないのか?残念。

で、そのとき買った一枚



VENOMOUS CONCEPT / 324 split ep
米・英のグラインダーが集まって作ったハードコアプロジェクト"VENOMOUS CONCEPT"と、東京のグラインド"324"のスプリットCD。
VENOMOUS CONCEPTが世界の好きなバンドとスプリットでCDを出す企画盤の第一弾。日本のH.G.Factより。

VENOMOUS CONCEPTはNAPALM DEATHのドラムとベース、MELVINSのギター、元BRUTAL TRUTHのボーカルが集まったバンド。
アルバム一枚で終わりかと思ったら、ちゃんと続けてたのね。
後期BRUTAL TRUTHにも通じる爆走ハードコア。いろんな意味でイっちゃってるケヴィンの管巻きボーカルカッコいい!
楽器隊もさすがの重鎮達。いい歳したおっさんパワー全快のハードコアですわ(ブラストも聴ける!)。ただ3曲は少ないっす。

対する324は3月に出た新作からの2曲。ダークな完全グラインドコア。
重い暗い速いのいかにもなグラインド。ただ、俺的にはあんまりシックリこないんだよな~…。
吐き捨てのボーカルとか、ドラムのリズムチェンジとかカッコいいんだけど、ギターが重すぎなんかな?


5曲入り税込み1050円。買いの一枚です。


H.G.Fact
VENOMOUS CONCEPT
324


_____________________________________________________________

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽 - カテゴリー:CDレビュー

22 : 06 : 38 | トラックバック(0) | コメント(0) | リンク用URL | page top↑
Godflesh : Streetcleaner
2006 / 05 / 11 ( Thu )
これからはゲームじゃなく居酒屋でツマミ造ります!

とそれはさておき、そろそろジメジメ鬱陶しい季節になろうかとしてる今日この頃。そんな時期にピッタリな一枚を。(まだ寒いけど)



GODFLESHの1989年の1st."STREETCLEANER"(国内盤は1992年)

イギリスのギター兼ボーカル、ベース(+ギター)の人力メンバーと、ドラム担当の”ドラムマシーン”で構成された、とってもヘビーなバンド。

100%マシーンに頼った機械的なリズムにブリブリ無機質なベース。変に浮遊感のあるギターリフが這い回る中にエフェクトのかかった暑苦しいボーカル…
あ~梅雨にピッタリだ…けど大好き!

一時期(っつってもかなり前だけど)インダストリアルミュージックなんてものが流行ったけど、このGODFLESHは一味も二味も違う。
MINISTRYみたいなパンクっぽさも無し、NINE INCH NAILSのテクノっぽさも無し、FEAR FACTORYみたいなメタルっぽさも無し。
唯一無比のGODFLESHサウンド。

オサレ度0!重機のリズムに旋盤工のリフ。
まさにインダストリアル!そしてヘビー!

例えるなら、NIRVANAの1st.を「エイリアン4」の監督、ジャン=ピエール・ジュネが再編集して、それをMAN IS THE BASTARDのメンバーが演奏してる…
そんな感じ。(ちなみにGODFLESHのGu.兼Vo.は元NAPALM DEATH)

写真の左は"SLAVESTATE EP"で、1st.の後に出たミニ。
ちょっとテクノチックに踊れちゃうようなリズムもありのこれまた名作。もちろん基本は重工業なインダストリアル。


最近こういう純でヘビーなインダストリアルバンドっているのかすら?
そういえばBAD RELIGIONのブレットのERRORなんてのいたな~。
あんまよくなかったけど…(インダストリアルでもないか)

_____________________________________________________________

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽 - カテゴリー:CDレビュー

01 : 04 : 57 | トラックバック(0) | コメント(0) | リンク用URL | page top↑
トム・ヤム・クン!
2006 / 05 / 03 ( Wed )
久しぶりに映画の話題。

本能がまま、誘われるがままに映画「トム・ヤム・クン!」を観てきた。

「マッハ!!!!!!!!」でジャッキー・チェン以来の衝撃を受けてから2年。トニー・ジャーの出てない「7人のマッハ!!!!!!!」は素通りで、この「トム・ヤム・クン!」なわけですが…

なげ~。
序盤退屈。
あんた誰?&どこ行った?

が率直な感想。

アクションメインの映画で150分って長くない?
110分ぐらいにまとめられないか~。
はガセ。
ただ長く感じたのはホント。
アクション部分はさすが!って感じでじっくり観られるんだけど、ドラマ部分が…
「像はどこだっ!」しか言えんのかい!
んで同じ理由で序盤がえらい退屈だった。

で、ストーリーが進むにつれ盛り上がってはいくんだけど、なんかお話はしょり過ぎでない?
主人公(と人質)を助けるあんたは誰?
エロイねえちゃんあんた誰?
ポロっと出てきてサクっと殺される大物らしき人。あんた誰?
と、とにかくストーリーのテンポ超早い。
まあ、アクションメインに楽しむには早い方がいいのかもしれないけど…

アクション部分はさすがの一言。
少々ワンパターンな気もするけど、肉弾戦のカッコよさは秀逸。ムエタイvs.カポエラのとこなんてちゃんと格闘してたし、派手さもあってすげーよかった。
キン肉バカ団が登場してきた時はちょっと笑った。
あと、約4分ジャーvs.下っ端達のノーカット戦闘シーンもなかなか凄かった。

で、やっぱワイヤー使ってないのはいいね~。動きにウソがないし。
個人的にワイヤーアクション大っ嫌いなんで、こういうのは大歓迎。
ワイヤーアクションって重力とか人間の動作とかフワッと浮き上がる感じとかが観てて気持ち悪いし…


まあ色々書いたけど、アクション”を観る”映画としては85点ぐらいとしときましょうか。
ハリウッド前のジャッキーが好きな人は観といた方がいいのは確か。

ただ次ぎのトニー・ジャー作品観るかって言われたら正直微妙…

「トム・ヤム・クン!」公式

_____________________________________________________________

テーマ:トム・ヤム・クン - ジャンル:映画 - カテゴリー:映画

01 : 55 : 25 | トラックバック(0) | コメント(4) | リンク用URL | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。